北九州門司港の自宅工房にてお菓子を製作しております。ご注文・お問合せはメールまたはお電話にてお願いいたします。 voila.chiharu@gmail.com  093-331-6254       メニューはHPでご覧いただけます。         HP:http://voila-gateau.com


by voila-gateau
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

                             

e0202773_2146621.jpg
e0202773_21461347.jpg

イベントが終わって
楽しみでずっとそわそわし通しのまま長崎へ

今回
皆川さんと
会場構成を担当された田根剛さんの対談が当選!

この対談も内容がとても興味深いもので
中でも印象的だったのが

思考を物質化する

という言葉。

それから
質疑応答の時に
生みの苦しみはないかという質問に対して

苦しみはなくて
喜びの方が大きい。

という回答だったこと。


これからの将来を見据えて
実現したいことに向けて
楽しんで取り組む姿勢に、
自分の身に置き換えて
色々なことを考えさせられました。


その後鑑賞した展示は
もう言葉にはし尽くせないほどの感動の連続で
こんなにも気持ちが高揚したのは初めてのこと、
見終えた頃には本当に胸がいっぱいで
何とも言えない気持ちになりました。


偶然にも
帰ろうとしたところに皆川さんをお見掛けし
勇気を出して話し掛け・・・
もう緊張と嬉しさで言葉が出ず
感動したことと
感謝の気持ちを伝えるのが精一杯でした。


田根さんも展示場内でお見掛けして
感動したことを伝えるのが精一杯・・・


こんな素敵な展示会を作って下さったお二人と
直接お話ができたことは
一生の思い出。


帰りの時間が来てしまい
名残惜しく会場を後にしましたが
会期中にもう一度足を運びたい
と思っています。



15年程前
まだミナぺルホネンでなくミナの頃
雑誌にタンバリンのミニバッグが載っていて、
問合せをして送ってもらったのが始まりで。

何かを持ったり身に着けたりして
こんなにわくわくしたり
嬉しい気持ちにしてくれるものは
そうそう出会えないと思うので
これからもますます楽しみでなりません。

Voilaのお菓子も
おこがましくもそんな存在でありたいなと
強く思ったのでした。




会場で購入した『CasaBRUTAS』
何気なくめくっていたら
ユニフォームを手掛けられた
金沢21世紀美術館のページに
友人が写っていてびっくりしたのと、
ミナのユニフォームを着て仕事ができるなんて・・・
と羨ましくなりました。

去年の夏遊びに行った時は
まだミナのユニフォームではなかったので、
またいつか行ける日が来るときの
楽しみができました。





e0202773_21462180.jpg

美術館前には
こんなかわいらしい
アイスクリン屋さんも。

のどかだなぁと
見ていてほのぼのしました。
[PR]
by voila-gateau | 2015-10-13 22:10 | Comments(0)